2019年10月11日金曜日

自己PRメールにうんざり。台風19号

 ここのところ自己PRメールばかりが続いて来てうんざりしている。「俺に言ってどうするんだ。評価されたいなら、ネット公開して世間に問えよ。」と思う。大枚をはたいて何百冊か自費出版しても、知人、友人に押し付けられるのは数冊。部屋に積み上がった大量の本の始末に頭を悩ませる。そうなるのが見えているから自費出版なんかしないで、ネット公開という新しい道を選んだ。特殊漢字がネットで使えるようになるまで、若干の待ちが必要だったけれど。
 「東亜古代史研究所」がいけないのか。たいそうな研究機関のような印象を与える。カッコ良さそうな、いかにもという名前を思いついたので、「これだ!」と遊んでいるだけなんだけど。実態は築八十年くらいの家の十畳くらいの部屋である。

 やばい台風19号が近づいている。去年の21号では、軽自動車が風でコロコロ吹き飛ばされている映像を見て驚いたものだ。さいわい我が家は無事だったが、通りの信号が全部回されて道路に直角になっているやつは一つもなかった。あれより強力だというのだから、15号で瓦を飛ばされた千葉の人は、全員、強固なビルに避難したほうが良いだろう。家ごと吹き飛ばされかねない。福島原発は大丈夫だろうかと気になる。こちらにも強風は吹くようだから、植木棚の危なそうな鉢は下ろしておかなければ。

2019年10月1日火曜日

「漢字の起源」に「夷」を追加.。グーグル検索力の衰え

 「漢字の起源(白川静氏を買わない理由)」に「夷」を追加。これも中国の古代伝承、廩君と塩陽の女神の物語から生まれた文字であることを明らかにする。
 
 グーグルでMilkdrop関連の「win_vis_aimp」を検索すると、「見当たりません」だがBingで検索すると必要ページがトップに現れる。以前はグーグルで見つけたのに。グーグルの質が落ちていると感じる。困ったことだ。動画やらリンク先のないサイトを表示したりして。動画が見たいなら、動画で検索するだろうに。それが一般的な使い方ということなのか。Bingの方が役に立つようになるかもしれない。

2019年9月28日土曜日

ページアクセスの異常、解決(敵は身中にあり)

 ページアクセスの異常について調査を進めた。ネットには存在しないトップフォルダのファイルへのアクセスを大量検知している。ファイル名は確かに自分自身のファイルでサブフォルダに入っている。だから、アナリティクスは同一視し、ページタイトルで日本語表示させたら合計の数字になる。
 存在しないファイルに外部からアクセスできるのかとか考えているうちに、パソコン内のファイルがネットと同一構造であるのに気づいた。当然、アナリティクスも入れて、そのまま、ネットに上げれば良いようにしてある。
 異常のあった時間帯には「Visual Studio Code」で「漢字の起源」を編集していた。Visual Studio Codeがファイルの自動保存か何かのアクセスをするたびにパソコン内のアナリティクスがそれを検知してカウントしていたのではないか。「漢字の起源」に直接アクセスしているわけだから、仲介のないdirectのアクセスだし、トップフォルダ扱いにもなる。理屈は合っている。どうも正解をつかんだようだ。
 結論、Visual Studio Codeによる編集作業により、パソコン内の「漢字の起源」へのアクセスがパソコン内のアナリティクスに捕らえられ、それがネットアクセスの集計に加えられた。
 自分でやっていたんだ。というかVisual Studio Codeのせいだ。メインに使い出したのは最近で、何度かこういうことがあったのだろう。あんまり数が多くておかしいとなったが、今までは気づかなかった。
 Visual Studio Codeはもう使えないな。今までは「Brackets」を使うことが多かった。でも、自動保存ではないだけで、保存するたびにカウントしていたかもしれない。数が少ないから気づかなかっただけかも。両ソフトともブラウザ表示機能があり、書いているものがどういう形になるか、すぐにわかるので便利なのだが。
 普通のエディタを使うか。

2019年9月27日金曜日

「漢字の起源(白川静氏を買わない理由)」に「氏」「氐」を追加

 「漢字の起源(白川静氏を買わない理由)」に「氏」「氐」を追加。中国の古代伝承から生まれた文字であることを明らかにする。その古代伝承が日本史と関わりを持つこともあまり知られていないだろう。寂しすぎるくらいホームページのアクセスが減っているが、今までが多すぎたと言えるかもしれない。始めた頃は一日に数人だったな。地味な分野である。

2019年9月26日木曜日

ページアクセスの異常な増加

 昨日から「漢字の起源」のページアクセスが異常な数字を示すようになった。短時間に百回前後のアクセスが行われ、それが不定期に複数現れる。統計がムチャクチャになってしまうではないか。人間がこれを行ったら明らかに異常である。なんの利得もないはずだし、こちらも、多少、不愉快なだけで、実害というものはない。アナリティクスを使っていなかったら気付きもしないことである。多分、ロボットがファイル内の何らかの言葉に反応して自動的に行なっているのであろうと見当がついてきた。ネットで検索したら、簡単に出てくるから、迷惑している人間は多いらしい。たいていいつの間にか消えてしまうようだ。それなら放置しておけば良いということか。

2019年8月25日日曜日

「漢字の起源(白川静氏を買わない理由)」に「融」を追加、韓国騒動

 「漢字の起源(白川静氏を買わない理由)」に「融」を追加した。ちょっと涼しくなって、何かやろうという気になってきた。

 ここのところ韓国情勢が騒がしく、ネットで調べるようになってきた。韓国が自滅の道を歩んでいるような気がして。やることなすこと支離滅裂という感じだ。国家としての約束を守らないというのは、国家としての責任を放棄しているわけで、話し合いの必要はないという日本政府の態度は正当である。話したって何も決められないのだから。守るかどうかは向こうの気持ち次第なんて条約がどこにある。文書と責任者のサインが残っているだろうに。
 為替や株には全く興味がないのに、韓国の為替情報を調べたりしている。韓国庶民は日本の実情を全く知らないようだし、日本の大手マスコミも韓国の上っ面情報しか流していないように見える。文在寅氏がどこまで突っ走るか。よその国なので首を傾げながら冷ややかに眺めていることができる。トランプ氏の発言のように、韓国がどうなるか見てみよう。政治のトップが無能で独裁的だと国は一気に傾くということがわかった。一連の混乱から、議院内閣制の方が良いように思えたし、自民党の政治家、官僚は優秀だと思えるようになった。今までさんざん罵っていたのに。

2019年7月27日土曜日

タグ修正

 htmlファイルのモバイル対応のタグを書き間違えていたので修正。「=」とすべきところを「-」にしていた。全ファイルの書き換えだから面倒くさい。間違えていたのに無事動いていたようにみえたのは不思議。モバイル器具は持っていないから、グーグルクロームのデベロッパーツールで確認するしかなく、それが正しく動いているかどうか、こちらにはわからない。
 ついでにヘッダーの色を変えたりした。好みの問題でしかないし、無限にある色の一つを選ぶのだから結構迷う。タグの修正よりこちらに時間を使った。

2019年6月2日日曜日

サイトのhtml5化、モバイル対応完了

サイトのhtml5化、モバイル対応が完了。三ヶ月かかった。htmlファイル作成能力はかなり上がったと思える。ホームページビルダーなんかバカにするようになってしまった。実際のところ、自分のサイトが簡単レベルで、難しい技術を必要としないだけなのだが。
 「系統別新撰姓氏録」に検索機能を付け加えられないかと思ったが、ブラウザ自体がサイト内検索能力を持っていて、「Ctrl+F」で簡単に呼び出せることがわかった。それを付記しておいた。

2019年4月12日金曜日

町会費集め

 十年に一度の町内会班長が回ってきた。一年分の町会費1,800円を集めて回る。みんな千円札を二枚くれるので、お釣りの百円玉が足りなくなった。十軒だから全部で二十枚必要なわけか。こういう時に限って、買物に行っても百円玉が手に入らないような金額になってしまう。残り三軒六枚。自販機でいらない缶コーヒーを買って崩してきた。明日、回るつもりだが、全員1800円ちょうどを払ってくれたりして。気を回しても報われないことが有りそうだな~。

2019年4月11日木曜日

削除したかったやつを、やっと削除

 「加藤清正の虎退治は事実ではあるまい。」と書いていたのだが、イザベラバードの「朝鮮紀行」を読んで、明治期以前の朝鮮では虎や豹が人を脅かしていたことを知り、軍事演習も兼ねて虎退治をする可能性は十二分にあると考えるに至った。その文章を削除しようにも、どこに書いたのかわからない。十年以上放置していたのだが、ようやく中国・朝鮮史から見える日本の4で見つけて削除できた。「朝鮮紀行」には、豹がソウルに出没するとか、中国人は「朝鮮では、一年の半分は人が虎を狩り、残りの半分は虎が人を狩る。」と言っているというような記述がある。今、朝鮮の虎や豹の話は聞かないから、日本統治時代に絶滅させたのだろうか?当時は野生動物保護なんて思想はなかった。危険動物と考えて徹底的に駆除しただろう。住民の安全のために良いことをしたのか、どうか?